ご質問

性能表示の床面積と建築基準法の床面積の違いは?

回答

それぞれ下記の違いがあります。

■建築基準法の床面積
・1階2階の壁とその床を一体で見ています。
・各階の床の面積を求めます。
(1階は1階の床、2階は2階の床の面積を床面積とします)
・バルコニーは面積に含まれません。

■性能表示の床面積
・壁とそれが支えている床を一体で考えます。
・各階の壁が支える面積を求めます。
(1階は2階床レベルの外周横架材、2階は小屋床レベルの外周横架材で囲まれた面積を床面積とします。
・バルコニーの面積は、建物本体と一体化した跳ね出し部の面積が対象となります。
 また、バルコニーは荷重が軽いため0.4掛けとします。

【参考】
「木造住宅のための住宅性能表示」
(第3版2刷/平成19年4月版)
(財)日本住宅・木材技術センター発行
『構造編』P27


カテゴリー: 構造EX 基準法壁量 性能表示壁量