ご質問

省エネ等級判定で断熱省略土間床の場合、U値はどのように計算するのか?

回答

断熱省略土間床は、計算条件に応じて、U値の決まり方が異なります。
 

熱貫流率基準値を用いる場合

  • 地域区分機銑垢両豺隋Р蕊臭,涼佑鬚修里泙U値として使用します。
  • 地域区分困両豺隋   Т霑鍛杷を無断熱(Rw=0)として計算を行い、U値を求めます。

表1) 熱貫流率の基準値
57t1.gif

断熱材の熱抵抗基準値を用いる場合

  • 地域区分機銑垢両豺隋Т霑鍛杷材の熱抵抗値(Rw)が、下表△涼佑任△襪箸靴董U値を計算します。
  • 地域区分困両豺隋   Т霑鍛杷を無断熱(Rw=0)として計算を行い、U値を求めます。

表2) 断熱材の熱抵抗の基準値
57t2.gif

参考

「住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する設計、施工及び維持保全の指針」(平成21 年国土交通省告示第118号一部改正)より、以下の土間床は、断熱構造化されているもの(断熱省略土間床)として扱うことができます。

  1. 玄関・勝手口及びこれに類する部分における土間床部分
  2. 断熱構造となっている浴室下部における土間床部分

カテゴリー: 構造EX 温熱環境 省エネ