ご質問

下屋と2階下の両方にかかる壁に直交した全開口壁を入力したら評点が変わった。理由は?

回答

全開口壁を入力したことで、壁の位置が下屋部分にかかる壁と2階下にかかる壁に分かれたことによるものとなります。

下屋部分にかかる壁に対しては、最上階の柱頭柱脚接合部低減係数がかかります。
2階下部分にかかる壁に対しては、2階下の柱頭柱脚接合部低減係数がかかります。

このような場合は、当該の壁を下屋部分と2階下部分に分かれないよう(壁が2分割されないよう)に全開口壁の位置を再入力してご対応下さい。


カテゴリー: 耐震診断Pro 一般診断 精密診断