ご質問

建築基準法 壁量計算の床面積と、耐震診断(一般診断・精密診断・限界耐力)の床面積の違いは?

回答

それぞれ下記の違いがあります。

耐震診断

  • 壁とそれが支える床を一体で考えます。
  • 1階の面積は、2階床レベルの外周横架材で囲まれた面積を指します。
  • 2階の面積は、小屋床レベルの外周横架材で囲まれた面積を指します。
    • 吹き抜けは面積より除外しません
    • バルコニーは、下の階の面積に含みます(バルコニー実面積×0.4)
      ※ホームズ君「耐震診断Pro」Ver3より、3階の跳ね出しバルコニーは2階の床面積にのみ加算します。
    • ポーチは、1階の面積を含みます

建築基準法 壁量計算

  • 1階、2階の壁とその階の床を一体で考えます。
    • 吹き抜けは面積より除外します
    • ポーチは面積に含みません
    • バルコニーは面積に含みません
       

【参考】

「木造住宅の耐震診断と補強方法」
(財)日本建築防災協会発行
P261


カテゴリー: 耐震診断Pro CAD入力 一般診断 精密診断 壁量計算