【ご質問】

耐震診断(一般・精密)評点1.0以上ですが、基準法(壁量計算・壁の配置)は「不適合」となるのはなぜ?

【回答】

耐震診断(一般・精密)は、基準法のあいまいさをできるだけ排除していることや、基準法が考慮していない積雪荷重を地震力の評価に含めております。このため、計算を行った建物(基準法ぎりぎりの設計をした建物など)によっては結果が「不適合」となる場合があります。

【参考】

「木造住宅の耐震診断と補強方法の質問・回答集」
P2<建築基準法との関係>
Q1
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/seismic/file/woodqa.pdf


カテゴリー: 耐震診断Pro 一般診断 精密診断 壁量計算 壁の配置