ご質問

変換N値法の計算内容について

回答

変換N値法では、耐震診断(一般診断、精密診断)の耐力要素である「基準耐力」を用いて金物算定を行います。
こちらは、建築基準法によるN値計算で用いていた「壁倍率」に相当するものです。

また、変換N値法によるN値計算を行うことで「引抜力」が算出されます。
こちらは建築基準法によるN値計算における「N値」に相当するものです。

計算式および接合部ごとの引抜力については、下記の通りとなります。

変換N値計算式

■平屋2階建2階柱のとき
 To=(Pw1×B1−L×1.96)×H

To :生の引抜力(kN)
Pw1:1階または2階建の2階の当該壁と隣接壁の単位長さ当りの耐力差(kN/m)
B1 :梁の押え係数(出隅柱:0.8,その他の柱:0.5)
H :壁の高さ2.7mとする
L :長期軸力を基準化した係数(出隅柱:0.4,その他の柱:0.6)

■2階建1階柱のとき
 To=(Pw1×B1+Pw2×B2−L×1.96)×H

To :生の引抜力(kN)
Pw1:1階の当該壁と隣接壁の単位長さ当りの耐力差(kN/m)
Pw2:2階の当該壁と隣接壁の単位長さ当りの耐力差(kN/m)
B1 :梁の押え係数(出隅柱:0.8,その他の柱:0.5)
B2 :小屋梁の押え係数(出隅柱:0.8,その他の柱:0.5)
H :壁の高さ2.7mとする
L :長期軸力を基準化した係数(出隅柱:1.0,その他の柱:1.6)

※非耐力壁や開口壁を含む、耐力を持つすべての壁が計算に考慮されます。
※壁の耐力は、接合部低減係数、劣化低減係数、開口低減係数を適用した値が使用されます。
※柱頭柱脚接合部仕様気涼譴世鰻彁察金物表示を行います。
(柱頭柱脚接合部仕様軌奮阿涼譴老彁斬仂欒阿箸覆蠅泙后

告示表三の呼称・N値・引抜力(kN)・柱頭柱脚仕口の一覧

告示表三の呼称N値引抜力(kN)柱頭・柱脚仕口
(い)0.000.00短柄差+カスガイ打
(ろ)0.653.44長柄差込栓打 or CPL
(は)1.005.29CPT or VP
(に)1.407.41羽子板ボルト or 短冊金物(スクリュー釘なし)
(ほ)1.608.47羽子板ボルト or 短冊金物(スクリュー釘あり)
(へ)1.809.53HD-B10(S-HD10)
(と)2.8014.82HD-B15(S-HD15)
(ち)3.7019.58HD-B20(S-HD20)
(り)4.7024.87HD-B25(S-HD25)
(ぬ)5.6029.64HD-B15(S-HD15) ×2
 

参考

「既存木造住宅の耐震設計マニュアル改訂版」
監修:横浜市まちづくり調整局住宅計画課
編集・発行:横浜市建築事務所協会


カテゴリー: 耐震診断Pro N値計算