ご質問

伝統的構法において柱材種および柱小径の設定が必要な理由は?

回答

(財)日本建築防災協会『木造住宅の耐震診断と補強方法』では、伝統的構法における柱の扱いを以下のように定義しています。

「垂れ壁付き独立柱の多い構造の場合(=伝統的構法)」では、柱の耐力を主要な耐力要素として捉え、垂れ壁はその柱の耐力に影響する要因と位置付けている。」

参考

 「木造住宅の耐震診断と補強方法」
 (財)日本建築防災協会
 P51「4.2.3 保有する耐力」 【解説】


カテゴリー: 耐震診断Pro 建物概要 CAD入力 一般診断 精密診断