ご質問

耐震診断を行う上で最低限入力が必要となる項目は?

回答

耐震診断を行うために必要な入力項目は一般診断と精密診断で異なります。

一般診断で必要な項目

 <建物概要>
  ・竣工年月
  ・構法
  ・外壁材
  ・建物重量
  ・柱頭柱脚接合部 ※CAD入力で個別に入力しても可
  ・木製筋かい接合部 ※CAD入力で個別に入力しても可
  ・基礎
  ・多雪地域区分
  ・地震地域係数Z
  ・軟弱地盤割増

 <CAD入力>
  ・間取り
  ・開口部
  ・壁材種
  ・筋かい
  ・柱

 <一般診断>
  ・床仕様
  ・必要耐力計算方法
  ・配置による低減係数計算方法
  ・筋かい、壁下地材の種類
  ・劣化度入力

精密診断で必要な項目

 <建物概要>
  ・竣工年月
  ・構法
  ・外壁材
  ・建物重量
  ・柱頭柱脚接合部 ※CAD入力で個別に入力しても可
  ・木製筋かい接合部 ※CAD入力で個別に入力しても可
  ・基礎
  ・多雪地域区分
  ・地震地域係数Z
  ・軟弱地盤割増

 <CAD入力>
  ・間取り
  ・開口部
  ・開口部属性
  ・壁材種
  ・筋かい
  ・柱

 <精密診断>
  ・必要耐力計算方法
  ・水平構面仕様
  ・劣化度入力
  ・各部の検討(地盤、基礎、他) 


カテゴリー: 耐震診断Pro 一般診断 精密診断